トップページへ
宿泊のご案内ページへ アクセスのご案内ページへ フライフィッシングのご案内ページ ウィンタースポーツのご案内ページへ イベントのご案内ページへ お食事のご案内ページへ リンクページへ
掲示板へ
サイトマップページへ
 
★ 2006年
☆06年9月 お客様の湯川さんと平野さんより、お写真を頂きました。  
   
 
   
 
   
 
   
「2日間でたくさんのイワナに遊んでもらいましたが、
奈川のイワナのコンディションの良さはすごいですね。
釣れる魚全てがヒレピンで気持ちいいです。
 
   
「今回は、私も湯川も、共に満足のできる内容で「フライ合宿」を終えることができました。
日頃の仕事から離れ、自然の中でひたすらフライフィッシングを考える時間、
部屋から見える緑の景観、度々姿を見せてくれた魚達。
短い2日間でしたが、心の和む休日を過ごさせていただき
リ・ライズのスタッフの皆さんと奈川に感謝の気持ちでいっぱいです。
 
   
   

2日目の朝はボウズでどうなることかと思いましたが、
最後のイブニングには念願の尺も釣れたし、よかったですね〜。
メールとお写真、どうもありがとうございました。

 
   
   
 
☆06年9月中旬 秋の神様は気まぐれだ  
   
 
 
 
   
   
   
 
☆06年9月はじめ フィッシングガイド北陸&岐阜  
   
 
 
 
   
   
   
 
☆06年9月5日 ひと足はやく禁漁になる高原川へ行ってきました。  
   
 
 
 
   
   
   
 
☆06年8月末 いよいよ残り1ヶ月。   
   
 
上39cm、下38cm、1日で2匹しか釣れなくても、このサイズならOKでしょう。  
 
8月もお盆を過ぎれば、もう秋の気配。
数は出なくなるかわりに、大物シーズン到来です。
自己ベスト更新で今期を締めくくりましょう!
 
   
   
 
☆06年8月 フィッシングガイドあちこち・・・  
   
8月も大忙しであっちこっち行ってました。やっぱりこの時期は、水の清冽な源流がイイですネェ・・・  
 
   
 
   
 
   
 
   
   
   
 
☆06年8月24日 郡司様より  
 
   

「先日は夏の一時のおもてなし、ありがとうございました。
おかげさまで魚も釣れましたし、短い時間でしたが、
高原の夏を堪能しました。
またおじゃましたいと思います・・・。 」

こういうメールをいただくと
ほんとに嬉しいです。
ただ釣りをしにくるだけではなく、
よい時間をすごしてほしいと願っています。

 
   
   
 
☆06年8月 ドライフライで40cmのアマゴを釣るには。  
 
上42cm、下41cm、ロッド2番、ティペット6X。  
   
 
   
答えは本に書いてない。
インターネットにものってない。
川へ行って、
自分で経験するしかない。
 
   
   
   
 
☆06年8月2日 奈川でイワナ38cm  
 
サイズ#10のドライフライで。  
   
   
 
☆06年7月27日 フィッシングガイド   
 
   
 
   
 
20匹までは数えていた。
でもそこから先は30か40か、わからなくなってしまった。
 
   
 
梅雨明け
蝉しぐれ
途切れることのない瀬音
 
   
   
   
   
 
☆06年7月26日 大雨で、渓流魚はみんな流されちゃったのか?  
   
お客様のキャンセルでぽっかり空いたいちにち。 せっかくなので、近所で1日まじめに釣りをした。  
 
左30cm・パラシュート#14、右28cm・カディス#16  
   
 
左32cm・エルク#10、右30cm・マーチブラウンスパイダー#13  
   
 
左29cm・クイルパラシュート#12、右27cm・モンカゲEXボディ#10  
   
 
左右とも26〜27cm、エルク#10。イワナのこのサイズは、いっぱい釣れた。  
   
 
   
   
   
 
☆06年7月はじめ 釣れなくたって楽しい?釣れすぎてもつまらない?   
   
 
リバーズ エッジ」店主、 忍野マスターの渡辺訓正さんが、
ご夫婦でリ・ライズに遊びにいらっしゃいました。
 
   
 
某所の難易度A級ポイントにご案内。さすがの渡辺さんも苦戦?  
   
 
渡辺さんのコメントは→  「かみさんに負けた…。」  
   
 
モンカゲロウ、はじまりました。  
   
 
☆06年7月 フィッシングガイド  
 
梅雨空で、水量の変化の激しいこの時期、どんぴしゃのタイミングで川に入るのは結構難しいのです。  
   
 
しかしそれが見事に当たれば、一生忘れられないような釣りを経験することも。  
   
 
いいやつも出て(サイズわかりますか?)、いい一日になりました。
フィッシングガイドは、お客様が喜ぶ姿が一番うれしいものです。
自然相手、いつも上手くいくわけでもないので、こんな日は尚更うれしいですね。
 
   
 
豊かな自然に感謝。  
   
 
☆06年6月末 天竜川&犀川  
   
 
左、天竜川水系、CDCガガンボ#18で29cm。 右、犀川水系、スティミュレイター#4で58cm。
1粒で2度おいしい。じゃなかった、2度惜しい。
 
   
 
☆06年6月末 ナフジ源流ガイド(健脚向き)  
 
 
朝3時に宿を出発。林道を歩いて歩いて源流に。イワナはあきれるほど沢山釣れました。  
   
 
☆06年6月末 例のあの川はどうなのよ?で、A氏とヤマダ先生が、調査に行ってまいりました。  

 
去年は不調だったこの川(どこだかわかります?)、今年もかつてのような大型の連発は望み薄かな…。  
   
   
 
 
 
☆06年6月4週目 犀川ブラウン&レインボー  
   
saigawa48cmsaigawa51cm  
買い物ついでのイブニングライズ狙い。
ドライフライで50cm前後の魚を釣る。
 
 
☆06年6月3週目 輝く夏の谷  
   
 
梅雨入り前の渓流、夢のようなカゲロウの乱舞、
淵でも瀬でもイワナたちのライズは続く。
 
 
釣れるイワナたちはみな、丸太のようにふとく、ぐいぐいと引きまくる。  
   
 
透明なガラスのようにすきとおった水を割って、
次々にイワナがドライフライに飛び出してくる。
 
 
たった今、釣れた淵で、またライズしてる。ちっとも先に進めない。
6月、夏の谷、 至福の季節。
 
   
 
   
 
   
峪空木(タニウツギ)の咲く川で。  
 
   
ネットの枠をはるかに越える大きなイワナ。  
 
   
何匹つれたか数えることは、無意味。  
 
 
         
 
☆06年6月2週目 はい、釣れてますよ〜。
すっげぇアマゴです。この顔つき、この体高、8X・#20はシビレたでしょう。
さて、釣ったのはどちら?っていうか、なぜウェーダーに軍手??
 
とある南アルプスの谷。権兵衛トンネル開通で釣り場が広がりました。
 
大きなヤマトイワナ。写真は奥様が撮りました。背中のブルーがきれいですね。
 
さて、次はどこへ行こうか。
 
 
☆06年5月26日 ガイドの仕事は、釣り場の案内だけではありません。
毎年、自分の釣りをチェックするために、レクチャーやガイドを依頼されるお客様も多いです。
知らず知らず、キャスティングやドリフトが雑になっていたり…。自分では気づかないものです。
 
この日のトロフィーは、28cmの見事なアマゴ。フライ歴5年でも
熱心に努力して、着実に進歩した結果です。
 
上の小さいのは25cm。お客様がちょっと用を足しにいった間に、
お客様の「リ・ライズ オリジナルロッド」を拝借してナフジ釣りました。
ちゃんとひとまわり小さい魚を釣るあたりが、さすがプロ?
 
 
☆06年5月23〜24日 いつも上手くはいかないけれど。
 
  京都のプロショップ「ドラグフリー」の店長さんが、
  お客様をつれて遊びに来てくださいました。
 
     
ガイド初日は、悪天候や水況、先行者などで、
正直、厳しい釣りになってしまいました。
そんな日でも ガイドはベストを尽くします。
 


  雨の中、ぴかぴかのヤマメ、イワナが釣れました。

  ↓こいつが水面でパタパタしていると、ガバッガバッと
   次々に喰われていましたよ。
 
 
     
2日目は、渓相抜群の山岳渓流へ。
岩魚たちがドライフライにコンニチハ
 
 
 
いやはや、最後は笑顔で、ヨカッタ、よかった。
 
 
☆06年5月18〜19日 ナフジ、ガイドの日々。
 
 
迷路のような道をいくつも曲がって、さらに車止めからそれなり歩けば、そこは岩魚の楽園。
 
 
 
フッキングした魚は深みに突っ走り、なかなか姿を現さない。
 
ランディングしたのは尺岩魚。大雨であろうとも、結果出します。
ガイド・ナフジの面目躍如?いえいえ、お客様の腕が良いのです。
 
2日間で何匹釣ったでしょう?
いよいよドライフライの最盛期が来ます。乗り遅れるナ。
 
明日もいい天気。
 
☆06年5月10日 今日もリサーチ・・・だって、仕事ですから。
ドライ&ニンフを駆使して、次々にイワナを釣り上げるナフジ。
魚は丸々太って、すでにベストコンディション。
あとは、水位さえ落ち着けば、一気にドリーム・シーズン到来です。
 
帰り道は、「こごみ」と「タラの芽」を少々
山の神様に恵んでいただきました 。
この時期は、こうした山菜も、もうひとつの楽しみです
 
 
☆06年5月GW 私をフライに連れてって
 
パートナーとフライフィッシングを一緒に楽しみたい!と考えている方は少なくないと思います。
 
リ・ライズにはタイイングスペースがあります。
そのときの川の状況にあわせて、フライを巻いてみましょう。
 
新しいウェーダーとロッドで、彼女は初めての野生のイワナを釣りました!
 
 
☆06年4月9日。昨日は春の嵐で雪が積もりました。そんな中、東京・横浜からお越しのお客様。タフなコンディションにお困りのご様子
 
不肖ナフジ、なんとかしましょうとニンフの釣りを伝授。
すると、さっそくヒット!
 
この時期は、天候次第で天と地ほども変わってきます。
今日は晴れてマダラ系のハッチもあり、ライズもポツポツあり。
 
昼にはすぐに道の雪も消え、岩魚もやっとお目覚めです。
 
 
 
 
 
リ・ライズで、お待ちしています。
 
 
 
さらにこれまでの「リ・ライズ フィッシング・ニュース」
 
 
 
 
ホーム | 宿 | | | | | | リンク | サイトマップ | 掲示板 |
Copyright(C)2005 re.Rise All Right Reserved.